わざもん

塗漆 漆工房 江原漆工所

仏具は、仏教の儀式で使用される日用品とは異なる特殊な道具、あるいは僧侶などの聖職者が使用する装飾品の事を指します。法具、法器とも言います。ご本尊(仏像、仏画、曼荼羅)、仏壇(厨子、三具足(五具足)香炉、経典・勤行集、灯籠、位牌、木魚、袈裟、数珠(念珠)などです。
江原漆工所では、これまで仏具の塗漆を手掛けて参りましたが、当代江原繁治は、この塗漆の技術を活かし、従来の厨子を中心とした仏具のみならず、新しい商品として葉巻用品やその他漆小物商品を製作しております。
写真はシガーチューブの漆塗り作業工程です。

1.木地に和紙を貼ります。チューブは1.5mmの薄さに削ってあるので補強のためです。

2.和紙を貼った木地にサーフェーサーで下地をします。これで3回ほど塗りと研磨を繰り返してます。

3.中塗りです。

4.中塗りを二回繰り返して上塗りです。

5.小さなほこりを専用の針で取り除きます。

6.塗ったものを室(湿度調整済み)に入れます。

7.朱の上から黒漆を塗り研ぎだして模様をつけて磨いて完成です。

店名:漆工房 江原漆工所
所在地:〒466-0051 名古屋市昭和区御器所1‐15‐3
TEL:052-882-2029
URL:http://sigezo.shop-pro.jp/

ものづくり愛知・名製造工程
URL:http://h-t-n.jp/specials/shokuninten/articles.cgi?id=13