わざもん

名古屋仏壇 後藤太郎仏壇店

名古屋仏壇の始まりは、元禄八年(1695年)高木仁右衛門が仏壇専門店「ひろや」を創業。当時、宮大工、寺大工職人であった人達が専門化して仏壇を製造したと言われています。その後、尾張藩による仏壇業者の保護などがあり今日に至っています。
名古屋仏壇の特徴は、数あるお仏壇の産地の中でも最も繊細かつ絢爛豪華な造りで国の伝統工芸品にも指定されています。水害の多かったこの地域から仏壇本体を守るため台の部分が高く、欄間が三つになっています。また、材料品質・精密度・耐久性に優れ、細かい部分まで配慮された構造で、木地、荘厳、天井は「組み木ホゾ組」の組み立て式、彫刻もはめ込み式と分解できるため、お洗濯や部分的なパーツの交換や修理ができ、後々のことも考えた構造形式にて作られています。
伝統的工芸品と指定されている名古屋仏壇の製作工程は大きく8つに分けられます。その各工程を、「八職」と呼ばれるそれぞれの専門職が分業しています。
☆作業工程:木地造り⇒宮殿(くうでん)造り⇒彫刻⇒塗り⇒錺金具(かざりかなぐ)造り⇒蒔絵(まきえ)⇒箔押(はくおし)⇒組立
☆八職:木地師・壮厳師(空殿師)・彫物師・金物師(内・表)・塗師・蒔絵師・呂色師・箔押し師
実際には、名古屋仏壇の仏壇職人を細かく分けると木地師・壮厳師(空殿師)・天井師・彫物師・塗師・内金物師・表金物師・蒔絵師・呂色師・箔押し師・仕組み師と11種類の専門職となり、この職人たちにより名古屋仏壇は製造されています。
※写真で蒔絵、箔押し、組み立てをしているのが後藤勝己です。
後藤太郎仏壇店は創業より100年余りを数え、初代:後藤太郎(伝統工芸士)、二代目:後藤政勝(名古屋仏壇組合元副理事)、そして三代目:後藤勝巳(伝統工芸士)が名古屋仏壇の伝統工法を守り続けています。きめ細かな仕事にこだわり、お客様のご要望に応じたデザインや予算などに合わせ、お仏壇のお洗濯やお仏壇を受注生産にて承っています。

木地彫刻
屋根塗り
呂色内金具
表金具蒔絵
箔押し金粉蒔き
組立完成


店名:後藤太郎仏壇店
所在地:〒460-0016 名古屋市中区橘1-16-18
TEL:052-321-3366
URL:http://www.goto-b.com/

略歴・受賞歴はこちら
ものづくり愛知・名古屋の職人展
URL:http://h-t-n.jp/specials/shokuninten/articles.cgi?id=14

名古屋仏壇の説明はこちら
伝統工芸青山スクウェア
URL:http://www5.somard.co.jp/crafts/introduction/buddhist-altars-and-accessories/2937.shtml